転んだり、興奮したり、ショックがあった時は「深呼吸」!

最初の入院したての東京の〇〇病院で、1回だけベッドから車椅子に乗り移るのを失敗してモンドリ打って転んだことがあった。 その時ばかりは、普段はやさしいなあ、と感じていた看護師さんにこっぴどく叱られた。 あぁ、やっぱりプロやなあと、同じ部屋の皆が見ていてちょっとバツが悪かった。 車の若葉マークではないが、少し自分で移れると自信がつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

入院時をふりかえってーその5

最初の内はあまり移動しなくても良いそれぞれの階にあるから私の場合は3階のリハビリルームでいよいよ始まった。 その時間は前日にPTは何時から何時まで、OTは何時からというように、患者単位でベッド際に貼りに来てくれる。 それぞれ一日に1時間で合計3時間 (4ヶ月後に退院した後で判ったことだが、保険の点数で20分が一単位だそうで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

入院時をふり返って--その4

以前の書きかけが去年の12月5日だからもう半年も書くのをさぼっていたことになる。 なんというたゆまん。 まあ、気がついたからにはせっせと書くことにせなあかんなぁ。 でないと、なかなか本題の『水中リハビリ』に入られへん。 『水中リハビリ』という本題に入るまでに、あとどのくらい書かなあかんのやろ? いくらたくさんあろうとも、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体の自由を失った代わりに神と出会った(笑)。

 人間というマシンはどうしてこんなに緻密にできているのだろう?と驚き感嘆することばかりの毎日である。 身体機能の一部をを失って初めて知る人体の神秘だ。  例えば、トイレに入ろうとスリッパを履く時、左足は何の意識もなく足はスリッパの奥までしっかり入ってくれる 。ところがサッと履いて歩くつもりが、右足のスリッパが奥に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院時を振り返って---その3

大阪へ転院するとしても、まだ不安定な病人が車椅子で東京→大阪をどうやって移動するか? これが問題だった。 救急車は転院には動いてくれないとのこと。 介護専用のタクシーで行ったら東京⇔大阪だから数十万はかかりそうだ。 介護専用タクシーってあんな高いもんとは知らなかった。 良く見るワンボックスカーの後ろからリフトで車椅子に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

明日から土・日は「プールリハビリを考える」

明日・明後日(土・日)は、みっちり9時半~18時まで勉強してくることにする。 私にとっては、初めての本格的な勉強のはじまりかな? NPO法人 日本水治運動療法協会主宰の  第5回”シンポジウム21”「プールリハビリを考える」   (東京都港区障害者福祉保健センター) プログラムはhttp://www2s.biglo…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more